MENU

起立性調節障害とは

起立性調節障害ってどういうことなのでしょうか?

 

起立性調節障害,改善,サプリ,効果こんな症状ありませんか?

  • 起きようと思っていても、身体を起こすことができない。
  • または、目は醒めても身体が重苦しく、だるくて動かない。朝にこんな経験をしたことはありませんか?
  • 朝起きた時や、午前中に急な立ちくらみが起こったりはしていませんか?
  • 起きた時に、全身が怠惰感に包まれていませんか?
  • 朝に気分が悪く、てものが食べられなかったり、食欲がなくなったりしてませんか?
  • 気分が悪くなり立っていられなくなったり、倒れそうになったり、気を失ったりしたことはありませんか?
  • 動悸は激しくありませんか?
  • 頭痛はありませんか?

上記の項目に複数当てはまりがあると起立性調節障害という病気の可能性があります。自律神経機能失調の一種で、自律神経の働きがアンバランスになった状態であると言われています。
起立性調節障害の診断は、次に掲げる11項目の症状のうち3つ以上当てはまり、サブタイプのいずれかに当てはまることで、医師の診断が下ります。

 

11項目

  • 1立ちくらみやめまい
  • 2起立時の気分不良や失神
  • 3入浴時や嫌なことで気分不良
  • 4動悸や息切れ
  • 5朝なかなか起きられず午前中調子が悪い
  • 6顔色が青白い
  • 7食欲不振
  • 8腹痛
  • 9倦怠感
  • 10頭痛
  • 11乗り物酔い

 

サブタイプ

  • 1起立直後性低血圧
  • 2体位性頻脈症候群
  • 3神経調節性失神
  • 4遷延性起立性低血圧

 

少しでも不安だな、と感じた方はすぐに医師の診察を受けることをお勧めします。
決して治らない病気ではありません。また、この病気は思春期前後の子に見られることが多いのですが、大人でも発症するケースもあるとのことです。自分だけでなく、お子さんや周囲の方の様子も確認してみましょう。

 

起立性調節障害改善の唯一のサプリはキリツテイン

 

キリツテインは起立性調節障害のために開発されたサプリメント

キリツテインは起立性調節障害のために開発されたサプリメントです。

 

なので、起立性調節障害の改善に大きな効果が期待できます。

 

Lテアニンというリラックスや集中力、休息の質を上げてくれる成分をメインに、鉄分や高麗人参、亜鉛も配合されています。これらの成分で起立性調節障害の改善を徹底的にサポートしてくれます。
どの様に改善に働き掛けてくれるのでしょうか。

 

まずは起立性調節障害がどういうメカニズムで発症するのか、から確認していきましょう。
思春期によくある精神的・心理的ストレスが原因なのですが、何も思春期に限った話ではありません。

 

しかし、起立性調節障害は思春期に発症することが多いのもまた事実。
なぜなら思春期は多感な時期なので、些細なことが大きな不安に繋がったりするので、精神的に不安定になりやすいからです。
起立性調節障害,改善,サプリ,効果
不安定になってしまった精神状態は、身体へ異変として表れてきます。

 

これが、朝に起きられないといった異変になります。過度のストレスは、血行を悪くします。血行が悪くなると、寝ている間に脳が十分に休息できず、睡眠の効果が薄くなってしまうのです。なので、朝が辛くなってしまうのです。

 

では、なぜ、キリツテインが効果的なのでしょうか。先述した主成分であるLテアニンに大きな秘密があります。まず、リラックス効果。

 

Lテアニンはお茶に含まれるアミノ酸の1種なのですが、リラックス効果があります。
お茶を飲んだ後などにホッと一息ついたような安らぎを感じますが、この感覚はテアニンの持つ癒しの力によるものだといわれ、気分がリフレッシュできると言われています。

 

その効果で、ストレスから解放し、ストレスが原因の眠気をスッキリさせてくれるわけです。
更に、リラックス状態になること、休息の質を上げてくれるので、夜型の生活からけだしやすくなります。

 

↓起立性調節障害改善のサプリキリツテインの公式ページはこちら↓

起立性調節障害,改善,サプリ,効果

 

起立性調節障害を克服するには

起立性調節障害を克服するためには、いくつかの方法があります。

 

まずは、生活リズムを整えるためのサポートから始めましょう。

 

朝起きることが出来ないと、どうしても昼夜逆転しがちの生活になってしまいます。
起立性調節障害だと、低血圧で、全身に血液を送ることもできず、また脳にも血液が届いていないため、起きた時は怠惰感が大きく、辛いと感じます。
なので、起きたすぐは簡単な体操などで、体をほぐす事をおすすめします。

 

また、午後や夕方になり、身体が動くようになってきたら、親子で外出したり、散歩に出かけることも、夜の入眠の助けとなります。
また、夜間にテレビ、スマートフォン、パソコンの使用を控えるのも大切です。

 

ブルーライトの光は、脳を活性化させてしまい、更には昼間と勘違いさせてしまうので、ますます自律神経が乱れてしまいます。なので、22時以降は使用を控えるようにしましょう。

 

また、子供のサポートには一方的に「使っちゃダメ」と押し付けるのではなく、どうしていけないのか、を説明して最初は寝る前1時間と小さく目標を設定し、最終的には22時以降は使わないといったように段階的に目標設定をしましょう。

 

ここで重要なのが、あくまでも、子供と一緒に解決していく、という姿勢です。心の負担を少しでも軽くしてあげるためにも重要です。

 

学校や教員によっては認識不足なこともあります。

 

配慮を求めても、理解されないこともあります。そこで、大きな効力を持つのが診断書です。病院の診断書は公の効力を持つ文書ですし、医者が「配慮しなければならない」といっているので、それをおいそれと無視することは学校側はできません。

 

なので、必要に応じて、病院を受診し、診断書を貰うようにしましょう。
確かにお金がかかってしまいますが、これだけでも環境改善につながります。

 

そしてなりより、起立性調節障害の方には首周囲の理解が一番です。家庭をはじめ、周囲の生活を整える為の重要なサポートができますから。

 

起立性調節障害になる子供には傾向「と不登校

起立性調節障害になる子供には傾向があります。そう、性格的にも身体的にも似たような共通項があるということです。勿論、個人差はありますし、仲にはすべて当てはまない、ということもあるでしょう。

 

でも、こういった傾向がある、と言うのを押さえておくだけで、認識も変わってきます。
身体的特徴は4つあります。

 

  • 痩せ型であること
  • 胃下垂であること
  • 何らかのアレルギーを持つアレルギー体質であること
  • 体力自慢ではない

 

この4つの傾向があると言われています。

 

最後の体力について少しばかり補足をします。
というのも運動部の子供やスポーツが得意な子供も少なからずなっている事例が一種の矛盾を含んでいるからです。

 

これには理由もあって、起立性調節障害の子供は普通の子供に比べて3倍程度疲労をため込みやすいと言われていますから、その点を考慮しましょう。また、スポーツ特有の重圧や責任感からのストレスから、起立性調節障害へと発展させてしまうこともあります。

 

次に精神的(性格的)特徴を見ていきましょう。

  • 内向的であること
  • 聞き訳がよい反面、自己主張が苦手であること
  • 1つの事に拘りがち

 

という傾向があります。

 

起立性調節障害を発症する子供は、育児が楽だった、あまり手がかからなかったという印象を保護者が持っていることが多いそうです。

 

素直で、あまりわがままも言いわないので、そう言った印象を抱きやすいのですが、逆に言うと、気持ちを押し込んで、閉じ込めやすいところがあるようです。

 

起立性調節障害は自律神経と深くかかわっています。

 

自律神経は精神状態や心の状態、つまりストレスに大きく左右されるので、メンタル的にストレスを多く抱え込んでいると起立性調節障害の症状が重くなるというわけです。

 

不登校と起立性調節障害の関係

起立性調節障害(きりつせいちょうせつしょうがい)とは、自律神経失調症の一種です。英語の頭文字をとってODと言われることもあります。自律神経の乱れから、思春期に発症しやすい病気です。
主な症状に、

朝に起きられない・立ちくらみ・全身倦怠感・食欲不振・立っていると気分が悪くなる・失神発作・動悸・頭痛・夜になかなか寝つけない・イライラ感・集中力低下

といったものがあります。

 

一度発症すると、目に見えて朝起きが悪くなり、なかなか起きません。
また、一日中ごろごろして、夕方になって漸く元気になります。
しかし、逆に夜には寝付けません。こうなってしまうと、生活リズムが乱れ、余計に朝起きられなくなってしまいます。

 

更に、朝起きれないので、学校に遅刻したり、遅れていくのが恥ずかしいから、といった理由で学校を欠席したり、また一度の欠席から、長期的な欠席につながってしまい、引きこもりがちになるので、不登校に繋がってしまうことがあります。

 

とある高校1年の少年(当時15歳)は、症状が出た時の苦しみを訴えています。

「初めて症状がでたのは、小学4年のころ。起きられず、週の約半分は遅刻、休みも増えた。家族にランドセルと一緒に放り出され、家のそばで寝たこともある。中学では母親と呼び出され、生活指導を受けた。サボりみたいに思われても仕方ない、と感じていたが、起きたくても、起きられないのだから自分でもどうしていいかわからなかった。周りに理解されず苦しかった」

最近では、不登校の子供はクラスに1〜3人と言われており、そのうち1人は起立性調節障害といわれています。

 

↓起立性調節障害改善のサプリキリツテインの公式ページはこちら↓

起立性調節障害,改善,サプリ,効果

起立性調節障害,改善,サプリ,効果